デビットカードの海外利用

デビットカードを海外で使う

【デビットカードの特徴】

デビットカードはクレジットカードと同じように、現金を持ち合わせていなくてもカードさえあればお店での買い物をしたり、レストランやバーでの飲食代金の支払いができるという便利な使い方ができます。クレジットカードで代金を支払った場合は、その返済は他の支払いと合算されて、翌月か翌々月の指定された日になされます。銀行口座からまとまった額が引き落とされますので、思った以上にクレジットカードを使っていると、返済が大変になるということも生じます。しかし、デビットカードの場合は、銀行口座と直接つながっていますので、購入したらすぐその場で銀行口座から購入代金が引き落とされます。後から返済に困るということがありませんし、しっかりと支払いの管理ができますので、安心してカードを使うことができます。一方で、銀行口座の中にお金がないとデビットカードは使えないという特徴もあります。そのため、こうした事態に備えてクレジットカードも一応財布に持っていると良いでしょう。

【デビットカードを海外で使うことのメリットとは?】

デビットカードを使うことのメリットはいろいろとありますが、中でも海外での利用ではよりそのメリットが生きてきます。時に、海外では日本と異なり盗難などの犯罪被害に遭う確率が高くなりますので、セキュリティーに優れたデビットカードは海外旅行や海外出張の頼もしい味方です。空港やホテルで日本円を現地通貨に両替するとなると、一気にたくさんのお金を持ち歩かなければなりませんので、よりリスクが高まりますが、デビットカードがあれば現金を無駄に持ち歩く必要もありません。また、VISAマークやPLUSマークが付いているデビットカードであれば、海外のATMであっても現金の引き出しが可能です。必要に応じてある程度少額の現地通貨を下ろすことができますので、より防犯に役立てることができます。

さらに、両替所で日本円を現地通貨に両替するとなると、両替手数料が高くついてしまうことがあります。しかし、デビットカードを使って海外ATMで現金を下ろすと、銀行によってはより手数料が安いこともありますので、お得に現地通貨へと変えることができるのです。また、必要な分だけ現地通貨を手に入れることができるというのも、よりお得に利用できるポイントです。というのも、両替所でまとめて両替をするとなると、いくらくらい現地で現地通貨が必要になるか分からないため、少し多めに両替をする人が多くいます。結果として、現地通貨が余ってしまい、日本に帰国した時にまた外貨を日本円に両替しなおすことになります。二回の両替をすることによって、かなりの無駄が生じてしまいますので、デビットカードを使って無駄な手数料を払わないという方法を採る方がかなりお得になるでしょう。

【クレジットカードとの違いを把握しておく】

デビットカードはカードを持っているだけでショッピングができるという便利なサービスですが、クレジットカードとは異なる点も多いので、その違いを把握した上で利用することが肝心です。たとえば、クレジットカードは銀行口座に当座のお金が入っていなくてもショッピングできるのに対して、デビットカードは銀行口座にお金がないと使えません。一方で、使い過ぎを防ぐことができますので、お金の管理には最適です。そこで、普段はデビットカードを使うようにして、大きな買い物をするときや、口座にお金がないもののどうしても買いものが必要な時などはクレジットカードを使うという方法を採れるでしょう。

また、デビットカードの使用ではたいていの場合、クレジットカードのようなポイントが付かないか、付いたとしてもかなり低い還元率です。ポイントやマイル目当てで使うという方法はデビットカードでは向きませんので、クレジットカードと上手に使い分けると良いでしょう。基本的には現金での購入と同じような感覚になりますので、無駄使いせずに上手にお金を管理するという目的で使うと良いでしょう。


デビットカード比較プロ
おすすめのデビットカード./images/dc_2.png