デビットカードの海外利用

デビットカードを海外で使うメリットとは?

【口座からすぐに引き落とされる】

デビットカードはカードでの支払いができるという点でクレジットカードと同じですが、口座と直接つながっているため、海外でも使った分がすぐに口座から引き落とされます。そのため、口座にある分しかお金を使えないということになります。一見するとクレジットカードの方が優れていると感じる人もいますが、お金を使い過ぎることなく、しっかりと管理できるためお金の管理という面ではメリットが大きいと言えるでしょう。この管理のしやすさは現金と同じですので、クレジットカードだと使い過ぎてしまうという人にはもってこいです。

【デビットカードと家計簿アプリを関連させられることも】

銀行によってはデビットカードの使用と家計簿アプリを連動させることができ、すぐに利用履歴が反映されます。そのため家計管理がとても楽になりますし、今どのくらいの現金が口座に入っているかなどを簡単にチェックできます。無駄使いを減らしてしっかりと貯金をしたいという人によく利用されているサービスで、安心してカードでの支払いができるというメリットがあります。また、購入した金額がすぐに口座から引き落とされるため、クレジットカードのように返済の段階になって、こんなに使っていたのかという心配をすることがないというメリットも挙げられるでしょう。

【セキュリティーがしっかりしている】

デビットカードを使って買い物をするたびにメールなどで通知がなされますので、海外でも安心して利用出来ます。万が一紛失してしまったり、不正使用に遭ったりしても、すぐに利用を差し止められますので、現金と同じ感覚で買い物ができるのに、より安心感があるというのが利点です。銀行によってはデビットカードの不正使用について補償を実施しているところもありますので、よりセキュリティーに関心を持っている人には便利なサービスと言えるでしょう。海外でも使えますので、盗難や紛失の心配をせずに便利に使えるというのが大きなメリットとなっています。