デビットカードの海外利用

デビットカードのデメリットとは?

【銀行口座に残高がないと使えない】

デビットカードは銀行口座とつながっていて、海外でも買い物をするとすぐその場で口座から買い物をした金額が引き落とされます。現金を持ち歩かずに済むとても便利なサービスですが、銀行口座に残高がないと買い物ができません。クレジットカードの場合は、一時的な融資のような形になりますので、現時点で口座に現金がなくても翌月もしくは翌々月の支払いとなりますので、それまでに現金を準備すれば大丈夫というのが特徴ですので、それに慣れていると不便さを感じることもあるでしょう。そのため、財布の中に万が一のためにクレジットカードを別に一枚用意しておくと安心です。

【ポイント還元率が低いもしくは還元されない】

クレジットカードの場合は、ショッピング利用をするといくらかのポイントが還元されて、景品や商品券、クレジットカードの利用への充当などができます。しかし、デビットカードの場合は、ポイントの還元率がとても低いか、そもそもポイントの還元そのものがないというケースがほとんどです。利用の便利さはありますが、付加的なサービスがつかないという点でデメリットがあると言えるでしょう。

【一部のサービスで使えないケースがある】

海外でも多くのレストランやお店でデビットカードを使うことができますが、一部の店舗やサービスでデビットカードを使えないことがあります。たとえば、高速道路のETCサービスやガソリンスタンドの給油などではデビットカードが使えないということが多いので、デビットカードの代わりにクレジットカードを用意しておく必要があるでしょう。一部のデビットカードは、こうしたサービスでも利用可能となっていますので、もしこうしたサービスを使うことが多いのであれば、利用可能なデビットカードを選ぶようにすると良いでしょう。こうしたデメリットがありますので、クレジットカードを万が一のために持っているとどんな時にも対応できるようになるでしょう。