デビットカードの海外利用

デビットカードの種類

【キャッシュカードにデビット機能が付いているカード】

デビットカードにはいくつかの種類がありますので、それぞれの用途に応じて使いやすいものを選ぶと良いでしょう。基本的にデビットカードは、銀行口座と直結しているものですが、銀行が発行することになります。そのため、最もスタンダードなデビットカードのタイプは、銀行のキャッシュカードにデビット機能が付いているものとなります。特にクレジットカード機能などの付加的な機能はついていなくて、海外ATMから現金を引き出すということと、買い物の際にデビット機能を使って口座から直接お金を引き落とすという使い方となります。

【クレジットカードと一緒になっているデビットカード】

他には、いくつもの機能が一緒になっているタイプのものもあります。クレジットカードにデビット機能が付いているというタイプのもので、必要に応じてクレジットカードのショッピング機能やキャッシング機能とデビットカードを使い分けることができます。少額の買い物であればデビットカードで買い物をして口座から直接引き落とすことで家計の管理をしやすくして、大きな買い物の時にクレジットカードを使うことで、ポイントを還元してもらうことができます。もしくは、銀行口座にある分だけデビットカードで支払いをして、残高が足りなくなったらクレジットを使うという使い分けも便利です。

【海外でも使えるデビットカードも便利】

デビットカードの中には、海外のATMでも使用できるタイプのものがあります。PLUSというマークが入っていたり、VISAマークが入っているものの多くは海外でも使うことができて、海外通貨を直接引き出すことができます。為替手数料を考えると海外ATMから現地通貨を直接引き出した方がお得になることもありますので、セキュリティーのことも考えると、海外旅行や海外出張が多い人にはとても使い勝手の良いサービスだと言えるでしょう。