デビットカードの海外利用

海外通貨をデビットカードで下ろす

【海外のATMや店舗でも使えるデビットカード】

デビットカードの便利な使い方はいろいろありますが、その中でも特にメリットが高いのが海外での利用でしょう。VISAマークやPLUSマークがついているカードは、海外のATMで現地通貨としてお金をおろすことができます。また、デビットカードに対応しているレストランや店舗でも利用することができますので、現金をたくさん持ち歩かなくて済むというメリットがあります。やはり事情の分からない外国で現金をたくさん持ち歩くのはとても危険ですし、常に心配をかかえながら歩くことになります。しかし、デビットカード一枚あれば、たいていの場合で支払いができますので、とても便利です。

【両替手数料よりも安くなることもある】

海外旅行や海外出張に行く際には、現地通貨がどうしても必要になります。たいていのところでクレジットカードが使えるという国もありますが、ちょっとした買い物やチップなどのために現地通貨がないと困るものです。そこで、多くの人は空港やホテルで両替をしますが、両替の際には割増の手数料が取られています。そのため、デビットカードを使って現地のATMで直接現金を下ろすことで、よりお得に現地通貨を得られることがあります。銀行の基準によっても異なりますが、一般的な両替所で両替するよりも割安な手数料となっていることも多いので、よりお得に利用できるのです。

【無駄な現金を持ち歩くリスクを避けられる】

空港などで両替をして現地通貨を持とうとすると、一気に多額の両替をしなくてはならないので、旅行の最初は現金をたくさん持ち歩くことになります。そのため、犯罪のリスクが大きくなってしまいます。しかし、デビットカードであれば少額の現地通貨を必要に応じて下ろせますので、このリスクを最小限に減らせるでしょう。また、両替したものの使い切れないとなると、再び日本円に両替しなおすことになり、往復で為替手数料がかかります。その点、デビットカードでの引き出しなら、無駄なく現金を持てるので効率の良い使い方ができます。