デビットカードの海外利用

デビットカードの利用を始めるには?

【申し込みは銀行で行う】

デビットカードは、銀行口座からダイレクトに引き落としをするというタイプのカードですので、銀行が直接カードを発行しています。多くの場合、銀行が発行しているキャッシュカードに一緒にデビット機能が付いているというパターンです。そのため、デビットカードの利用を始めたいのであれば、銀行に申し込みをする必要があります。クレジットカードやカードローンのように審査が必要なわけではありませんので、基本的に申し込みをすれば問題なく利用を始められます。クレジットカードのように、一時的であれお金を借りるということではないので、申し込みがとても楽なのです。

【ICチップ付きカードなどが送られてくる】

キャッシュカードしか今まで持っていなかったのであれば、別途デビットカードの申し込みをすることによって利用を始められますが、申し込み後にキャッシュカードとは異なるカードが自宅に郵送されてきます。セキュリティーを重視してICチップ付きのカードが多くなっていますので、より安心して利用することができます。カードが届いたら、裏面のサイン欄に忘れずにサインしておくようにしましょう。日本国内であればサインなしでデビットカードの利用ができるところがかなり多いですが、海外ではサインが必須となっているケースが多く見られます。その際にカード自体にサインが書かれていないと、使用を拒否されてしまうこともありますので、事前にサインを入れておきましょう。

【アプリをダウンロードしておくと便利】

デビットカードはいろいろな電子的なサービスと連動していることが多いので、銀行が提供しているアプリなどをスマホにダウンロードしておくととても便利です。いつでも利用明細や口座の残高などをチェックできるインターネットバンキングのアプリは必須と言えるしょう。また、デビットカード利用の度にメールなどで通知をしてくれる機能をオンにしておきましょう。そうすることで、海外で発生しやすい不正使用をすぐに確認できて、被害にあった場合でも最低限のものに抑えることができます。